スマホサイトはこちら
京タンス介護事業部は介護用品(介護ベッド、電動車椅子など)のレンタル・販売、デイサービスの運営、介護保険による住宅改修・リフォーム・バリアフリー工事、居宅サービス計画(ケアプラン)の作成を行う居宅介護支援事業所等、介護に関する総合事業を行っています。
 
     
 
 
 
住宅改修費・介護予防住宅改修費の支給:京タンスケアサービス、京タンス、アルファ、介護用品、バリアフリー、老人介護、高齢介護、介護リフォーム、レンタル、販売
在宅での生活に支障がないように、手すりの取付けや段差の解消など、身体状況に配慮した住宅の改修にかかる 費用について、その9割分を支給します(1割分は自己負担になります)。なお、保険給付を受けるためには、工事着 工前にお住まいの区の区役所・支所福祉介護課、京北地域にお住まいの方は右京区役所京北出張所福祉担当へ 必要書類を提出し、改修内容等について確認を受ける必要があります。
■支給対象となる工事(6種類) 京タンスケアサービス、京タンス、アルファ、介護用品、バリアフリー、老人介護、高齢介護、介護リフォーム、レンタル、販売  

以下の6種類の工事以外は、介護保険の給付対象にはなりません。 また、工事の着工前に申請が必要となりますので、事前に担当のケ アマネジャー又はお住まいの学区担当の地域包括支援センターに ご相談いただくか、お住まいの区の区役所・支所福祉介護課、京北 地域にお住まいの方は右京区役所京北出張所福祉担当にお問い 合わせください。

◇手すりの取付け
◇段差の解消
◇滑り防止や円滑に移動するためなどの床又は
  通路面の材料の変更
◇引き戸などへの扉の取替え
◇洋式便器などへの便器の取替え
◇その他上記の工事に伴って必要な工事

 
■工事を行う前に提出が必要な書類 京タンスケアサービス、京タンス、アルファ、介護用品、バリアフリー、老人介護、高齢介護、介護リフォーム、レンタル、販売
●申請書
●被保険者証
●見積書
●改修前の写真(日付の入ったもの)
●住宅改修箇所見取図
●住宅改修が必要な理由書(ケアマネジャーなどが作成します)
 
■工事完了後に必要な書類 京タンスケアサービス、京タンス、アルファ、介護用品、バリアフリー、老人介護、高齢介護、介護リフォーム、レンタル、販売
●住宅改修費事前申請確認のお知らせ(受領委任払いを利用した
 場合は「承認決定通知書」)
●領収書
●改修後の写真(日付の入ったもの)
●工事費内訳書
■支給方法
償還払いと受領委任払いのいずれかを選択して利用できます。  
◆償 還 払 い:工事完了後にいったん費用の全額をお支払いただいた後、自己負担分(1割分)
           を除く9割分を保険から支給します。
◆受領委任払い:工事の完了後に利用者は、自己負担分(1割分)のみをお支払いただきます。
           保険給付分(9割分)は、利用者から委任を受けた事業者に、市から直接支払い
           ます。(「住宅改修費の受領に関する委任状」が必要となります)
■限度額
支給の対象になる改修費の限度額は、要支援・要介護状態の区分にかかわらず、1住居・1人の認定者あたり20万円です(支給額は18万円まで)。20万円を超える工事を行った場合、超えた部分については、全額自己負担になります。